家具一つ送りたいんだけど、どんな方法がお勧めですか?

 

家具を送る場合には選択肢も多いため、迷う所ですが、メジャーな方法~ニッチな方法まで紹介して行きます。

 

まず第一に専門業者に依頼する場合は、運送業者引っ越し業者が候補に入ります。

 

両者の違いの一つ目は、家具の荷造りや建物の養生を行うか行わないかの違いです。

 

 

引っ越し業者であれば専用資材で梱包を行い、建物に傷が付かないように保護をする養生を行って設置までするところがほとんどです。

 

一方で運送業者は、簡易梱包もしくはそのまま発送、基本的に建物の養生は行わず玄関口にお届けして完了という所までサービス内容に幅が広くなっています。
(※運送業者でも、引っ越し業務も兼ねている場合は、引越し業者と同等のサービスを提供している場合もあります。)

 

次の違いは、専用トラックで搬送か、荷物をまとめて運ぶ混載便と呼ばれるサービスの違いです。

 

引っ越し業者は基本的に、お客様専用のトラックを搬出から搬入と完了するまで貸し切って運ぶため、料金は高めの設定になります。

 

運送業者は、同じ方向(例えば、東京→大阪)に向かう荷物を一台のトラックに積み込んで輸送するために経費削減となり料金は安めの設定になります。

 

どちらが良いのかは、予算の目安やお届け日数、家具のサイズや重量により異なるため一概には言えません。
(引っ越し業者でも長距離輸送であれば、混載便が利用できる業者も存在します。)

 

また、軽貨物運送業者となりますが、小さめの家具や配送先が近ければ赤帽も候補に入ってきます。

 

大きな家具の場合は、基本的に1名体制のため助手としてお客様のお手伝いが必要になるケースもあり、また長距離では往復の高速代や燃料代などがかさむ事もある為です。
(赤帽はそれぞれが独立した事業主となるため、各社の対応やサービス内容は異なります。)

 

その他では便利屋さんもありますが、輸送のお手伝いという形を取っているため、破損や紛失時の保証の点が気がかりになります。

 

以上、家具を送るにも色々な業者の選択や輸送方法があるので、さらに詳しい情報は下記ウェブサイトを参考にしましょう!

 

家具の配送方法
家具の配送.comでは、色々な配送方法~格安に済ます方法、安い業者を選ぶ場合の確認ポイントを掲載しています。

 

費用削減のため自力輸送を考える方もおられるかもしれませんが、レンタカーを借りてまで配送するのは費用や手間から見ても業者に直接依頼される事を推奨します。