断食で得られるメリットは大きい!そもそも人間は食べ過ぎです。

 

断食(ファスティングとも言います)とは、食を断ち体の中の余計な毒素を吐き出すというものです。

 

簡単に断食の効果を掲載すると、

  • 健康になる
  • 病気が治る
  • ダイエットになる
  • 脳が活性化する
  • 体が軽くなる

 

大まかにはこんな効果があります。

 

また、細かく行っていきますと、めまいが治ったりアトピーやアレルギーも治るとも言われています。

 

断食をしている最中でも水は飲むようにして下さい。

 

普段「食」に気を使わない人が多い中、断食を経験するという人は少ないでしょう。

 

しかし、断食を経験することで、

 

体が軽くなり脳が活性化したことでたくさんの物事がうまくいくようになりイライラしなくなる

 

何よりも断食あとの食事がものすごく美味しく、重湯(おもゆ)だけですぐにお腹がいっぱいになる喜びもあります。

 

 

もともと生き物はそんなに食を取らなくても良く、普段から余計なものをたくさん摂取していると感じるようになります。

 

また、一日三食より一食の方が健康には良いという説もあります。
(一食の場合、食べる時間は、お昼より夜8時までの間です。それ以外の時間は消化と排泄の時間となります。)

 

転じて、断食のことわざでこんなことわざが海外では存在します。

 

「断食で治らない病気は医者でも治せない」
ドイツ

「断食はメスを使わない治療法である」
フランス

 

  • 運動してもなかなか痩せない、
  • 皮下脂肪(食糧危機に備えて蓄えているぜい肉)を減らしたい、
  • 脳をスッキリと働かしたい

 

方は、初めての断食として、一食目から24時間後に食べるように慣らしていくプチ断食から始めてみましょう!